プロフィール

ひみつNo.36413

登録 2017年8月30日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

2017/8/30

中秋の夜は冬瓜を盗み

小さい時、いつも八月十五中秋節の夜、私の田舎は農村でも、子供成群结伙盗んでトウガンや果物の習わし。伝わるところを盗んだトウガンは瘡ができる長バッグ、来年おめでたい。もう一つの説は、出産する夫婦のトウガンを置いて布団の中から、胸には。だから、よくトウガンの主人をわざと冬瓜を片付けて、殘る大の畑に、冬瓜葉と冬瓜滕は蓋して宿泊して、八月十五日みんなを待ってて「盗み」。

 

四十数年前、私はまだ1人の子供、中秋節にも参加する「盗」トウガンのチームは、我々は珍しい刺激と、また食べることができるぞ。このゲームは次に、人の主なのか、それとも「盗ん」という感じがするか。普段は、盗んだ、と母は言います、「時間は針、大きい時に金を盗んだ」と言います。」泥棒には、お母さんにはわからないし、お母さんにはわからないし、お母さんにはわからない、少ない竹にたたき落とす。しかし、八月十五、母には、お母さんはかかりあうない、ただ気をつけて、気をつけてください。

 

八月十五日まで、柵にいくつの仲が良い少年に連れを早くもよく計画して、誰の担当を誰が担当してごっこ用具、を持って、誰の担当パトロールして、誰が運搬など、分業きめ細かい点滴漏れないだけ待つ月南中時手。中秋節の月は丸くて明るい、天上云淡风轻、地上の山が霞む、田野秋の虫がすだく、大人たちも消燈して寝るだけでは、「犯罪」のチャンス。何人かの人と一緒に触れる昼間も採良い点その家族の裏口から、まず溜ドア、耳を庭には声、そしてで準備した薄竹片にそっとダイヤルの中庭のかんぬき。ここにあるから、実は大人たちは早く分かりました私たちの気持ちを殘していたが、意図的に、さもなくばこれでへたな技量、一般的にはいかなない。

 

かんぬきを開いて、恐れて音を驚かすように主人も、中庭のバッグをドア泡尿、農村の子供を触った暗闇の習慣で、または経験のある、限りないように気をつけて響かせて、普通の情況に無事に手が。時に大人たちはわざと、物を一時的に挪動て、それは私たちは探しています。

 

夜の月光に乗って、この群利口鬼たちを盗んだ冬瓜、老人たちによると、盗んだものはないくらい持って帰るしかないの、外で煮て食う。私たちは外柵ところへ、一口牛五大きな鉄鍋が、事前の分業は、焼きでひと山のたき火、数人でよってたかってから野炊。どうせあの時の農村の子供を早く当主、1つは年下のトウガン、煮てそれを食べても言うまでもない。数十人の子供は集まって鳴り物入りで、唱唱闹闹、話したり、笑ったり。冬瓜炊けたので、1人1碗のながら、賞は、天の明月をしながら、おいしそうに食べて、和気あいあいと。あのメロン味が良いです、もうないにくくしたが、食べるの嬉しさは今も覚えてる。火堆を囲んで呼ばれて、踊って、喉がいいのも、ほえる幾句の民謡を出て、興味を尽くしたまでやっと家に帰って、安安心寝る。それは本当の大団らん、大調和がとれている。

 

この事は私達のハイアール瓜どろぼうを完瞭したが、人々は中秋節の番組、それが「悪態をつく」。普通は年齢の大きい女し、冬瓜、果物を盗まれた後、は追って悪態をつく。罵る罵罵倒する日良心がないの、叱らない死の週り、叱っても聞いても、集落上空が返事をもらって、遠くまでも聞いて。すごい人は足を跳ね上がっ、平手はバチャバチャと鳴る。5満娘たとえ中でもひどいのは、普段は彼女の私のお気に入りの収穫が、往々に果実が家に置いて、私達の家に行って、彼女が出して招待。彼女は盗んだものも最も豊富、庭にはカボチャ、冬瓜、栗、クルミ、オレンジなどの果物。ただ普段一番優しい人、罵人来ても特にすごいです。

 

記憶して一度、八月十五日に私たちを家のオレンジ、前足が飛び出し、彼女はかかとに出た足を追い払い悪態をつく。まず私達をののしってこの群の子供も天理良心がない;また罵り彼女の息子良心がないんだ、はるばる外地で苦労して一年家に行けない糊口も育てられない、休日も帰ってきて、最後にまた罵り彼女の旦那を舎て、彼女一人で孤独に受難、自分は地下快活。罵罵るには山のこと舎て過去のくだらないことが、悪口は罵倒したにもかかわらず、彼女を責めても天王老子ちび閻魔までが、彼女を持ってないの汚い言葉で、一時哀婉甲高い、一時、一時興奮、腕、蒼天、大地を踏み鳴らして、腰をかがめて抚掌「バチャバチャ」の声と罵声相互などを睁開、持ち合い。その時、山風の山風が来襲て、私達にぞっとしてぞっとします。私たちは若い、彼女は本当に私たちを罵るて、もっと刺激を感じます。

コメント登録

名前

コメント

最近の記事